日本橋の風俗に集まる人々

①私の夢はダンサーだから!日本橋のデリヘルで働くことにする!

私の生まれは滋賀ですが、モーニング娘に憧れた私はダンサーを夢見て大阪にあるダンススクールに入りました。
子供の頃は病弱で、ちょっとでも気候だったり気圧だったりが変わると、すぐに席が止まらなくなったり体調を崩してしまってたりして寝込むような病弱な子供でした。
だから、子供の頃はテレビっ子で学校を休んではテレビをみて、時間を潰していました。
その頃、テレビの中で歌ったり踊ったりしているアイドル、特にモーニング娘が大好きで憧れていました。
なので、子供の頃の夢はアイドルでしたが、中学になるとそのアイドルになるという夢はもろくも崩れ去ります。
そう、私にとっては地獄の行事、合唱コンクールです。
ウチの中学だけなのかもしれませんが、なんででしょうか、異常に合唱コンクールに力を入れる風習がありました。
朝練は当たり前、昼練、放課後練までありました。
そして悲しいことに私は極度の音痴で、全体練習であまりに音程を外しまくっていた私にパートリーダーの女の子は泣きながら「歌わないで」と言いました。
私は歌うことが大好きだったので、誰かかばってくれる人はいないかと周りを見渡しましたが、リーダー的存在である指揮者の男の子は、私と目を合わせようともしてくれませんでした。
先生に至っては、まぁ人間得手不得手というものがあってだなと、フォローになってないフォローをされたこともあります。
というわけで、小学校のころから、薄々音痴なんじゃないかと思っていましたが、中学校で音痴という事実をつきつけられました。
なので、これはもうどうあがいてもアイドルにはなれそうにはなかったので、どうしたもんかと思っていたのですが、アイドルになれなくてもダンサーならいけるんじゃないかと思いはじめます。
そして、高校に入り熟考した結果やっぱり夢を捨てきれず、両親にダンサーになるという夢を伝えましたが、鼻で笑われました。
ちょっとむかつきますが鼻で笑われるのも当然で、ダンスの経験は皆無の上に、私は致命的に身体が硬かったのです。
前屈で必死に手を伸ばしても大体すねくらいまでしか手が届きませんでした。
だから、私は毎晩お風呂上がりに一時間ほど涙を流しながらストレッチしつづけました。
努力の甲斐あってか、高校卒業をすることには身体はぐにゃぐにゃの軟体人間になっていて、ここまで身体が柔らかくなった私の頑張りを見て両親は大阪のダンススクールに通うことを許可してくれました。
しかし、前提条件として学費は私が全部出すと言うことを突き付けられてしまい、これがまた私を苦しめることになります。
ダンススクール、深夜のファミレス、早朝のコンビニのひたすらルーティンです。
寝る時間を削るしか、ダンススクールに通いながらアルバイト生活をするということが出来ませんでした。
結局、元々弱かった私の身体は悲鳴を上げて過労で倒れてしまい、病院に運ばれました。
点滴を打たれながら、このままじゃ滋賀に連れ戻される!と本能的に思った私は、何とか大阪に留まる方法を考えました。
そして出した結論が、短時間で稼ぐ。そう風俗の聖地である日本橋デリヘルで働くことでした。

②散って、日本橋。デリヘルを呼ぶ。

もういやや死にたい死にたい死にたい死にたい。
ナニが死にたいって、今日はデートのために髪切ってオシャレしてリポD飲んで!
難波で待ち合わせして、ぷらぷらしながら適当に歩き回って、ちょっと軽めにご飯でも食べて、それからホテルでエッチだなって思っとったのに、それやのに!
湊町リバープレイスについた途端、様子が変だからどうしたん?と聞いたら、別れたいやってさ!
他に好きな人が出来たんたって!ていうかもう、その人と付き合っとるんやって!
ホンマかよ、そんなんアリかよ、ナシやろ、そんなんアカンわ!!
俺はもちろん必死に、何で?どしたん?何か悪いことした?と必死に聞いた!
そしたら、何て言われたと思う?
彼女「そういうしつこいところがもうほんとうにむりなんです」
敬語!さっきまで楽しくため口で話してたのに、急に敬語!
近くにおったおっさんも、話を聞いとったんやろうな!飲んどった缶ビール盛大に吹き出してさ!
色々言いたいことあるけど、昼間から缶ビールうらやましいな!
そしたら、彼女大声で泣き出して、俺がもう完全に悪者ね。
これまた近くにいたおばちゃんが彼女に近づいて来て、「ナニ?あんた浮気でもされたん?コイツ最低やな。別れ別れ!」とか言いながら、彼女に飴ちゃん渡して。
そら俺も黙ってないわけで、浮気してないし、ていうかされたんやしとおばちゃんに説明した。
そしたら何て言われたと思う?
おばちゃん「なんかアンタしゃべり方ねっちこいなぁ、気色悪いわ。嫌やなぁ、こんな男」って、彼女の頭をなで始めた。
彼女はひたすらおばちゃんの言葉に頷いて、しまいには抱きついて泣く始末。
そしたらもう、次はお巡りさんが来て、「ナニ?どうしたん?喧嘩?ん、お前しばいたんか、この娘」と聞かれた。
このとき、俺の中で何かが壊れる音がして、次は俺が彼女より大声で泣いた。
そうなるともうひっちゃかめっちゃかで、どしたどしたってちょっと人だかりになって、気付いたら彼女はもうどこかに消えとった。
なんでー!と思ったけど、とりあえずお巡りさんをどうにかせなあかん。
お巡りさんのちゃんと状況を説明した。
そしたらさ、何て言われたと思う?
お巡りさん「君なぁ、なんか、うん。そのなぁ、なんか、ん〜しゃべり方直し」
今日まで生きてきて、こんなこと言われたことなかったぞ!
それなのに、何で今日1日で3人に同じこと言われなあかんの?!
なんで?!ホンマはみんな、俺のしゃべり方、気持ち悪いと思ってたん!
そして、お巡りさんから解放されて、行く宛もなく死にたいと思いながらトボトボと歩いたら日本橋におった。
あぁ、これはもうあれしかないな、こんな悲しい気持ちで帰りたくないし、風俗・・・デリヘルにしよと思って、一人でラブホテルに入った。

ホテルにチェックインしたし、どのデリヘルにするかも決めた。
でも、それ以上先に進めないで、困っていた。
多分、あの日あの瞬間、日本橋で一番頭抱えとったんは俺やと思う。
俺はしゃべり方がねちっこくて、気色悪くて、変えた方がええ。
この事実に直面すると、デリヘルに電話する勇気すらなかった。
でも、セックスはしたい、チンチンなめてもらいたい。
勇気を出して電話すると、気さくなお兄ちゃんが電話に出た。
こんなアホには俺の悩みなんて分からんのやろうなぁと思いながら、丁寧に話した。
俺の丁寧さなんかまるで気にせず、気さくなお兄ちゃんはどんな子がええか聞いてきた。
悩んだ挙げ句、無口な子でとお願いしてみた。
気さくなお兄ちゃん「まっかせーてね!じゃあ、15分くらいでつくと思います!じゃっ!」と電話を切られた。
俺は悩んだ。
この気さくなお兄ちゃんみたいなしゃべり方なら、こんな日にならんかったのか。
まぁ、でももう考えてもしゃーない。
とにかく無口な女の子と静かなセックスをするんや!

③通天閣を見ながらタコヤキを食べる。そして、日本橋の風俗へ向かう。

俺は今、大阪での仕事を終え、ほっと一息しながら夕方の大阪の町を観光中だ!
俺の目の前には今、通天閣がそびえ立っている!
そして、俺の手には今、あっつあつのタコヤキが湯気を立てている。
通天閣を見上げながら、あっつあつのタコヤキを口の中に放り込む。
「はふっ!あひっあっ!あつっ!あぁっっふっ!」
流石本場のタコヤキは、熱くて熱くて仕方なく、危うく舌をやけどするところだった。
タコヤキの生地は、外はカリカリ、中はとろーりとしていてタコもかみ応え十分だ。
ちょっと甘めのソースがまた食欲をそそって、何度も口に運びたくなってしまう!
端っこにつけてもらったマヨネーズで味を変えると、もう1つ買ってしまおうかと悩んでしまう。

そしてタコヤキを食べ終えると、もう一度、ゆっくりと通天閣を見上げる。
「なんだあの通天閣は。いやらしいなぁ、俺みたいじゃないか」
何を言ってるのか分からないと思うが、それは当然のことだろう。
だって、俺は何にも皆さんに説明していない。
いや、自分がイツごろドコにいてナニをしていたのかはご存知のコトだと思うが。
ではなぜ、通天閣にあんな感想を抱いたのだろうか?
答えは簡単、俺は今、あの目の前の通天閣よりも激しく勃起していた。
俺の勃起した通チン閣よりも天を目指して、ビクビクと伸縮運動をしていたのだ!
そうか、これでは説明になっていないかもしれない。
だって、タコヤキを食べつつ通天閣を見ながら、通チン閣になってるなんて完全なる変態でしかない。

ではなぜ、俺は通チン閣を股間に生やしているのか。
やはり答えは簡単で、これから大阪は日本橋の風俗で先ほどのタコヤキよりも熱く、とろけるようなセックスをすることになっているからだ!
この日をどれほど待ち望んだだろうか、そう、今日の日のために2週間ほどオナ禁をした。
そして、その2週間毎日毎日、亜鉛だの精力剤だのを飲みまくった。
だって、4年ぶりのセックスなのだ、気合いが入らないわけがない。
しかも、その風俗店のプレミアガール、人気ナンバー1の女の子を指名したのだ。
パネマジは怖かったけど、まぁ人気ナンバー1なのだ、そこまで心配はいらないだろう。
それに、やはり人気ナンバー1だけあって、テクニックも相当なもののはずだ。
期待しないわけがないし、期待してればそりゃオチンチンだって通チン閣になってしまう。

空になったタコヤキの舟をお店のゴミ箱にすてた。
そして俺はこれから、堂々と肩で風を切るように日本橋へと歩いていくのだ。

④日本橋の風俗で働く女の子の目の前に現れたおじさん!

私は大阪の日本橋で風俗嬢、いわゆるファッションヘルスで働いているのですが、ちょっと聞いて下さい。
あぁ、私はしがない女子大生で、オシャレをするお金が欲しくて風俗で働いています。
顔はどっちかっていうとかわいい系?まぁ、利用客に容姿を褒められることもあるので、ブスではないと思います。
体型はめっちゃ普通です、デブでもなければやせてもいないし、おっぱいも大きからず小さからず。
あっ、生まれも育ちも東京なんですけど、大学に進学した関係で大阪にきました。
まぁ、そんなこんなで風俗嬢をやってるんですけど、聞いて貰いたい話があるんです。

それは、えっと、普通に忙しいっていうか、適度に忙しいっていうか、お客さんのお相手したらちょっと休んでっていうのを繰り返してた日のことです。
ちょうど休憩中で、暇だったからひたすらツムツムをやって、次はどんなひとかなぁと思って、時間を潰していたときでした。
ボーイさんが今から1人大丈夫と聞いてたのでOKOKと返して、お部屋の準備をして、それを伝えます。
ウチのお店はボーイさんが部屋まで案内にきてくれるので、お見送りの時以外は部屋から出ません。
で、ちょっとするとノックが聞こえて、正座でかしこまってお客さんを迎え入れました。
もうどうみたって普通のサラリーマンのおじさんで、スーツ姿でした。
風俗で働いて初めて知ったんですけど、仕事中にサボって風俗来る人って結構いるんですね。
あぁ、ウチのお店だけかも知れないですけど。
それで、挨拶をしながら服を脱がせようと思って、近づいたときでした。
そのサラリーマンのおじさんが深刻そうな顔で私に言いました。
「おっちゃんなぁ、ちょっと、っていうか結構深刻な問題かかえてんねん」
正直、驚きましたし、とまどいました。
そんな服を脱がせもしてないのに、これから何をいうんだこの人はと身構えました。
すると、自分でズボンとトランクスを脱いで私におちんちんを見せつけてきました。
まぁ、それは普通のおちんちんだったのですが、深刻っていうし、もしかして病気?なども頭をかすめていたその時です。
「おっちゃんなぁ、この1年くらい、ちんちんたたんねん。いけるかな?」
えっ?と思わず口に出してしまいました。
話を聞くと、エッチがしたいのにEDなのかおちんちんが大きくならず、奥さんにも怒られて、このままじゃまずいと思って、とにかく若くて可愛い女の子なら勃つかもしれないと思って、風俗にきたそうです。
その話を聞いてからおじさんのおちんちんをみると、悲しそうにうつむいていました。

デリヘルなら日本橋だ